医療現場で活躍する看護師を目指してきた人の多くは、看護学校や大学、短大などで教育課程に従った教育を受けてきている。
実習の現場でこそ自主性を重んじる傾向が強まっているものの、実質的には受け身になって学ぶ場面が多いのが教育現場であり、それが通常になってしまっている人は少なくない。
教えられることに慣れてきた看護師は、現場に出てからの技術の向上に伸び悩むことも少なくないだろう。

看護師は、新人のうちは教えてもらえる状況があるが、次第に教える立場になっていかなければならない。
看護技術を向上させる機会に恵まれているのは最初のうちだけであり、その後は自分で創意工夫をしていかなければ、なかなか看護技術は向上していかないだろう。

しかし、受け身に慣れてしまってきた看護師の場合には、そこで苦労してしまいがちになる。
そのため、先輩に教えてもらいながら技術を高めていきたいと考える場合は、思い切った決断が必要になることもあるのだ。

高い能力を身につけるためには相応の努力をしなければならないため、その機会をうまく獲得することをまず考えよう。
専門看護師や認定看護師を目指すのは良い方法であり、確立された教育課程での指導を受けることで資格の取得につなげることができるはずだ。
専門性の高い職場で活躍するために何が必要かを熟慮した上でカリキュラムが作られているため、効率的に学ぶこともできる。
誰かに指導してもらいながら、看護技術を向上させたい看護師にとっては、最も適している方法だろう。