新人教育を担うのは現場の看護師であることが一般的であり、数年間の勤務を経て基本的な技術が身に付いたら、新人教育を任せられることは少なくない。
とはいえ、プリセプターとして新人教育を担うようになると、それが原因で残業が増えてしまう場合も多々あり、「大変だ」と敬遠する人も多いだろう。

しかし、それが厄介な仕事だと考えるのは浅はかと言える。
プリセプターはただ教育システムとして新人の能力を伸ばすためだけにあるものではない。
実際にはプリセプターとなった人の能力を伸ばすことにもつながるので、自身の看護技術向上にも役立つからだ。
そのため、プリセプターとして新人を教育をする機会を与えられたら、積極的に取り組むべきなのだ。

人は教えることによって学べることも多く、新人を納得させるためには総合的な理解が必要になる。
細かな作業の一つ一つについて意味を理解し、それを説明できなければプリセプターは務まらないだろう。
また、新人へのレクチャーのために勉強をしてみると、今まで見落としていた看護の視点に気づくこともできる。
新人から質問を受けて自分が持っていなかった視点から看護技術について見つめ直すこともあり、それが技術の向上につながることもあるだろう。

プリセプターとして活躍する期間は飛躍的に自分の看護技術を向上させることができる。
最初は大変だと感じるのはもっともであるが、前向きに取り組むと看護師としてより活躍できるための基礎を作り上げられるだろう。
新人教育を担当する際は、最大限の努力をするのが望ましい。