デキる看護師として働く上で最も大事な事は向上心である。
看護師は看護学生よりも、看護について勉強することが必要だ。
学生は総合的に広く浅く勉強をする。
しかし、臨床の現場に出ると、学生の頃の学びだけでは知識が全く足りないのが現実である。

看護学校では疾患や看護の知識は学ぶが、現場で最も必要な個別性の勉強は少ない。
それは実際に接しなければ個性がわからないからである。
日々の看護には疾患を理解した上で、看護計画を立案したり、個別看護を行う必要がある。

また、学生時代は看護技術は学生同士で練習を行うが、学生同士で行う場合と実際に患者に行う場合とでは全く別物である。
点滴や採血を行う時も、高齢の患者の場合は血管が細くもろいことが多い。
若い人の血管とは違い、針を少し刺しただけで血管が破けてしまうもあるのだ。
しかも、点滴の場合は挿入後すぐに液漏れをしてしまい、差し替えなければいけないこともしばしばある。
看護師は疾患や薬の知識を身につけるのは当然のことだが、それとともに看護技術の向上も行う必要があるといえるだろう。

看護技術が上達しなければいくら知識があっても、患者に苦痛を与える看護師になってしまう。
点滴が上手い看護師と点滴を何回も失敗する看護師とでは、患者の信頼感も変わってくるはずだ。
看護スキルを伸ばすためのお役立ちサイトには、有益な情報が満載なので、そちらも一緒に目を通しておいてほしい。>>>参考サイトはこちら